快適な居住空間を作る

快適な居住空間を作る

リフォーム業者を利用される人の中には、和室を洋室にリフォームしたいという依頼が多くあるようです。洋室にリフォームする際には、畳を剥がし、フローリング材を敷くだけでは螳檎挑ではありません。

また薄々前の住宅では、一階の和室に断熱材が使われていたケースもあります。さらに断熱材や工事費などを考慮しますと、30万円程度かかってきます。

さて和室から洋室にリフォームをご検討されている人の理由としましては、ライフスタイルの変化や車椅子の生活をすることになったなど様々あります。ただし、それだけでは不十分のリフォームとなります。

別途木造住宅の場合には、根太という下地材が使われていますが、畳というのは強度があることから、根太がそのままの状態ではフローリングに向いていなく、その場合には根太を303mm前後に配置しなければいけません。とにかく夏は暑く、冬は夜寒という環境になってしまうのです。

女性でも簡単にリフォームすることもできるのが、ただたった畳の上にフローリングマットを敷くだけのリフォームです。確かに和室というのは居心地がよく、素晴らしい空間とも言えるのですが、時代が変わってきており、徐々に和室の需要が減りつつあります。

リフォーム業者に依頼をしないで、DIYで和室を洋室にリフォームすることも出来ます。フローリングにする場合、全然断熱材が必要になり、この時に断熱材を新たに設置する必要があります。

実際に最近新築の住宅の多くは全室洋室なんてことはよくあります。もちろん断熱材を使わないでフローリングにリフォームをすることは可能ですが、その結果快適な居住空間を作ることは出来ません。

さてこのリフォームの費用ですが、一等一般的な8畳の部屋の場合、フローリングの材料費が6~15万円程度必要です。

関連記事

  1. お気に入り登録で納得人生ブログ:14 6 17
  2. お気に入り登録で納得人生ブログ:27 5 17
  3. お気に入り登録で納得人生ブログ:16 4 17
  4. お気に入り登録で納得人生ブログ:27 3 17
  5. お気に入り登録で納得人生ブログ:26 3 17
  6. お気に入り登録で納得人生ブログ:23 3 17
  7. お気に入り登録で納得人生ブログ:20 3 17
  8. お気に入り登録で納得人生ブログ:03 3 17
  9. お気に入り登録で納得人生ブログ:22 2 17
  10. お気に入り登録で納得人生ブログ:21 2 17